猫様の下僕姉弟の生活

猫様とゲームとコスメ

【ENDER LILIES】Tipsの詳細と入手場所

ENDER LILIES(エンダーリリィズ)のTipsの詳細と入手場所です。

アーリーアクセス版で取得できる範囲のTipsの詳細を記載します。

 

TIPS一覧

白巫女像の文字

 No.1

 白巫女を模して作られた大きな石像

 形を残している像には「暁の白巫女」

 崩れてしまった像には「風の白巫女」と刻まれている

 入手方法:開始地点

 

イレイェンの手紙

 No.2

 シーグリッドへ

 そちらの白巫女にお守りを渡してほしい

 白巫女皆に渡しているもので、 加護の魔法が込めてある

 結界が穢者の脅威から守ってくれるはずだ

 結界は砕けても修復することもできるが、それは白巫女にしか扱えないものだ

 では、よろしく頼む

 イレイェンより

 入手方法:開始地点

 

穢者の書の切れ端1

 No.3

 穢れを受けると、肉体、意識、魂の中でも力の根源の魂を蝕み「肉腫」が体に発現する

 肉腫によって肉体は驚異的な再生能力を得て不死に等しい存在となる

 時間の経過とともに体の操作が意識から離れ、穢れの持つ憎悪や攻撃性に駆り立てられて狂ってしまう

 入手方法:地下室

 

穢者の書の切れ端2

 No.4

 穢者となってからも意識を持つ者がいる

 それがもっとも辛いことで、意識を持つ者は苦痛が消えることはなく、意識が消失しない限り永遠ともいえる時を苦しみ続けることになる

 穢者となってしまった者の救済は、白巫女の浄化の奇跡によってのみ叶えられる

 入手方法:地下室

 

グローアの手紙

 No.5

 ベイルへ

 これまで長い間、良く白巫女様や守り人を運ぶ御者として仕えてくれました

 あなたの馬も賢く勇敢でした

 息子もあなたと同じように、 立派な御者になると信じていますよ

 また教区を訪れた際は声をかけてください

 白き光の安寧があらんことを

 守り人の長グローア

 入手方法:白の教区

 

村の落書き

 No.6

 ろう石で書かれた落書き

 太陽の下で泉の白巫女と村の子供たちが遊んでいる様子が描かれている

 入手方法:橋の前

 

崖の村の依頼書1

 No.7

 依頼:森の巨大な怪物

 恐れ知らずの勇敢な戦士はこれを読んでほしい

 崖の村近くの森には、巨大な怪物が潜んでおり、王の兵にも被害が及んでいると報告があった

 追跡して討伐したものには報酬が支払われる

 共に国のために戦おう!

 城砦の騎士へイムル

 入手方法:橋の前

 

崖の村の依頼書2

 No.8

 カタコンベへの立ち入りを禁ずる

 注意

 現在、果ての国で発見された繊者は、地下で拘束しており、穢れの伝染の恐れがあるため立ち入ることを禁ずる

 穢れを受けた者はもちろん、それを匿った者も罪に問われるため、穢者は発見次第王国の兵士に報告すること

 入手方法:橋の前

 

正導教徒の手記

 No.9

 果ての国では穢者が現れて以降、正導教をはじめ様々な信仰は急速に廃れることになった

 人々は、希望を求めて白巫女の元に集まり、そこから人々の中で白教が広まったのだろう

 入手方法:崩れた小屋

 

魔術協会の手引き

 No.10

【魔術協会について】

 魔術師以外は立ち入ることが出来ない

 深淵の知識と魔術の求道者が集まる場所

 魔術師たちが共同で設立した組織で白教とは協力関係にある

 穢者の討伐の要請にも応じ、支援も行う

 

【加入条件】

 複数の魔術師の推薦状

 

【禁止事項】

 死霊術などいくつかの禁忌魔術の研究

 協会での武器の使用

 他国への情報漏えい

 入手方法:妖樹の湖

 

恋人への手紙

 No.11

 愛する君へ

 君の手紙を読んですぐに帰りたくなったよ

 旅に出てからの半年、外の世界を見て、魔術協会では知ることのできなかった多くのことを学んだんだ

 灼熱のように燃える砂の大地や、見たことのない動物たち

 とにかく話したいことがたくさんある

 もうすぐ帰るから、土産を楽しみにしていて

 愛しているよ

 メルヴィルより

 入手方法:妖樹の湖

 

薄汚れた絵画

 No.12

 泉の白巫女が描かれている絵画

 魔術師以外に白巫女も魔術協会に入ることを許されており白巫女に合った魔道具が、作られていたようだ

 入手方法:魔女の部屋

 

魔術師の手記

 No.13

 古代呪術について調べてみたが、穢れといわれる不死の呪いはかつて古き民が用いた呪術の一種である可能性がある

 穢土(えど)の領域で集積された古文書の解読ができれば、もっと謎に迫れるというのに

 入手方法:魔女の部屋

 

???

 No.14

 入手方法:

 

白教書 1章

 No.15

 ある時、雪降る果ての地より穢れを持つ者は現れ、果ての国は穢れの厄災に襲われました

 穢れは人を狂気に堕とし、化け物に変えてしまう恐ろしい呪いで、穢れはかつて、この地に暮らしていた古き民の怒念から生まれたものだと云われていました

 穢れは人へと伝染していき、穢れを受けた者は穢者(けもの)と呼ばれました

 入手方法:地下室

 

白教書 2章

 No.16

 国を守る兵士たちは穢者に立ち向かいましたが、穢者たちは幾度倒れようとも起き上がり死ぬことはありませんでした

 穢者から国を守ったのは、金の髪に白衣を身にまとった一人の女性でした

 女性が祈りを捧げると穢れは浄化され穢者は動きを止めました

 人々はその女性の神々しい様を見て 「白巫女」(しろみこ)と呼びました

 入手方法:分岐路

 

白教書 3章

 No.17

 浄化の奇跡を見た人々は白巫女を心の拠り所にして集まり、そこから白教(はくきょう)の信仰が 広まりました

 白教の人々は特別な神を崇めず白巫女の導きと穢れを招かぬための規範に従いました

 そして、浄化された人たちが穏やかであることを祈り静かに暮らしました

 入手方法:魔女協会の回廊

 

信徒の手紙

 No.18

 白教の拠点は大きく、白の教区とカタコンベにある地下修練場の2つがあります

 守り人の候補者は数年に渡り、地下修練場で修行を積み、白巫女をお守りするに相応しい力と精神を身に付けなければなりません

 守り人の候補者は白教徒の中から選ばれ、白巫女を直接護衛する守り人は10名までの精鋭のみが選ばれるといわれています

 入手方法:橋の前

 

www.geboku-kyoudai.com