猫様の下僕姉弟の生活

猫様とゲームとコスメ

【聖剣伝説3リメイク】クリア&トロコンを経ての感想・評価

聖剣伝説3リメイク(聖剣伝説3 Trials of mana)をトロコンするまでやり込んだのでプレイした感想と評価をまとめます。

まず結論から

まずまず楽しめるゲームでした!

評価は 3.5くらいです

中身がどうであれ絶対買う!と決めていたため、体験版をプレイせずに購入しましたが普通に楽しめるゲームでした

リメイク作品ということで過去にSFCなどでプレイしていた人が主なターゲット層になっているかと思いますが、元来の良さを生かした作りになっていますので安心してプレイすることができました

 

良かったところ

まさに聖剣伝説

聖剣伝説3といえば1995年に発売された作品ですので、元はドットだったり音源が制限されていたりと今とは大きく違います

それがPS4で出ることに少々不安を覚えていたのですが、いざプレイしてみると中身はまんま聖剣伝説3でした(良い意味で!)

いい感じのトゥーン調のCGと昇華されたBGMをたっぷりと堪能することができて良かったです

 

キャラクターのCGモデリングが良い

敵味方問わず、過去のドット絵が違和感なくCG化されています

ボイスも付いたことにより更に愛着が湧くようになりました

またクラスチェンジを最大クラス4までおこなうことができるのですが、それぞれにキッチリ衣装が用意されているのも良かったです

そのため性能だけで無く、見た目が変わる楽しさも味わうことができました

クラスチェンジ前の見た目に変えられるのもグッドです

 

最高のBGM

個人的にですが聖剣伝説 = 超良い音楽という構図になっています

そのため購入理由がゲーム内容 < BGMだったりします

ゲーム開始して流れるOP、キャラクターの選択画面、ラビの森・・・と、立て続けに懐かしい音楽が聴けて最高でした

また過去の音源とリメイク版の音源をいつでも変えられるのが良かったです

どちらも好きなので両方楽しめる仕様は嬉しいですね

 

優しい難易度設定

難易度はベリーイージーからハードまで用意されています

そのためゲームは苦手だけどストーリーは知りたい、という方でも気軽にプレイできる作りとなっていました

また目的地もマップに表示されるためサクサクと進められる親切設計なのも良かったです

 

悪かったところ

ロード画面が頻繁に挟まる

結構な頻度でロード画面が挟まるうえに、地味に長いためテンポロスを誘発しています

1周するだけであれば我慢できますがストーリーの構造上(主人公と仲間の組み合わせでEDや会話が変化する)何周もするため結構イラつきます

特に酷いのがクラスチェンジのシーンです

キャラクターの選択 ⇒ ロード ⇒ クラスチェンジ ⇒ ロードとなり、これを3人分おこなうとなると辛かったです

 

同じ内容を喋るNPCが多い

僕は街や村にいるNPCに片っ端から話しかける性質なのですが、同じセリフを言うNPCが多く配置されていました

沢山のキャラクターが色々なことを喋ることによって、そこにある世界を構築してくれると考えているため少々残念でした

 

操作していないキャラのAIが残念

プレイヤーが操作しているキャラクター以外は自動で動くのですが、その動きが酷かったです

攻撃の頻度が少なくて敵を倒してくれなかったり、敵の範囲攻撃を避けようとせずに戦闘不能になったりと大変でした(むしろ突撃していた)

また、ある程度は行動の優先度を設定できるのですが、それもガバガバで信用できませんでした

 

まとめ

多少不満の残る作品となってしまいましたが、聖剣伝説として十分楽しむことができました

やはり昔のキャラクターに声が付き縦横無尽に動き回るのを見れるのは嬉しいですね

最近はリメイク作品が出る傾向にありますので、続けて聖剣伝説4やレジェンド・オブ・マナやなどが出てくれるのを楽しみに待っています

 

聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ - PS4

聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ - PS4

  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: Video Game
 
聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ - Switch

聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ - Switch

  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: Video Game